最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ

2006年10月 2日 (月)

ダブルプレー・・・なのか?

昔々からの、素朴な疑問。

内野ゴロで「二塁→一塁」のダブルプレーの時、セカンドフォースアウトは本当にアウトを取っているのだろうか?

野手の足が離れるのが早すぎる、つまり塁を離れてから球を受け取っているように見える場合が多々ある。実際に球を受け取っておらず、そういう格好だけというか一連の動作のフリだけで、実際にはアウトでは無いのではないかと思うような場合が多々ある。昔々から。

スロービデオでもう一度、という時は大概 (いや、ほぼ間違いなく) アウトを取っているのだが、再生されないと不安になる。特に最近は試合をほとんど見ないので、スポーツニュースばかり。よってスローは無い。

とても、不安。

ぱっと見「怪しい」→スロー再生「アウト」、という事は、ファンに錯覚を起こさせる程動きが速いという事だろう。あまりにも速く、かつ無駄の無い動きなのだろう。さすがプロ。でも再生されないと、とっても不安。放送局も、いまのは「アウトで無い→格好だけのごまかしプレー→審判もいいかげん」なのだ、というのを全てわかっているんじゃないかと疑ってしまう。勘ぐり過ぎかもしれないが。

理想的には、全ての試合で、テレビ放送が無くとも、常にカメラが追いかけており、いついかなるプレーもスローで再生出来、両チームの抗議では無く「スロー再生要求」によって白黒はっきりさせるような体制が望ましいと思う。ものすごく金がかかるだろうが。

何十年も前から一抹の不安を感じている者として、何か良い手はないものかと思うのだが。如何なものだろうか。

« 2006年9月 | トップページ