最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« (他)小顔人気と細い首 | トップページ | (他)!・・・ちよっと、びっくり »

2006年9月15日 (金)

驚異の山本浩二

昔々その昔の事。

野球が最も熱かった時代――もちろん「私の中で」だが――阪急ブレーブスが強くて本当に良かった。その後も西武ライオンズを除けば、パもセも三連覇以上したチームは無く、応援を近鉄バファローズに鞍替えし毎年悔しい思いをしながらも、一野球ファンとして「球界全体の為にはなかなかええ事じゃな。どのチームも優勝の可能性があるけん、どこのファンも気合が表に出とるようじゃし」と納得していた。また、鈴木、山田、村田、東尾と、パに名投手が揃っていたのも何よりだった。エース鈴木、サブマリン山田、マサカリ兆治、そして「だまし」の東尾・・・あ、いやいや「ケンカ投法」東尾修である。あー、びっくりした。ちょっとした入力違いなのさ、ハハハ・・・

で、今回はなぜかパの話では無い。コージの話である。

コージと言えば他のどのコージでも無い、当然「カープの山本浩二」だ。他に「コージ」と呼ぶべき人物は人類史上存在しない。人物以外を含めても、山本浩二以外は「コージ」では無い。決定である。

さて、今回の題は「驚異の山本浩二」だ。で、なにが「驚異」かと言うと・・・

それは、山本浩二がCMでバットを振っているのを初めて見た時だった。スローモーションだったのだが・・・

腰が入って・・・胴が回って来て・・・そろそろバットが・・・まだか・・・肩が入って、バットが・・・まだか、もう出るやろ、もう出てくる・・・まだか、まだか、まだか・・・うわっ!、こんなに粘って遅ーにバットが出て来るんかい!・・・   ・・・すごいのー・・・

と、いう事だったのだ。

何の事やら分かって頂けないかもしれないが、とにかくビックリした。とにかくすごかった。あんまりビックリしたせいか、二回目以降は最初ほどビックリしなかったのだが。

つまり、好投手で言われる「球持ちの良さ」と同じく、打者としての「バット持ちの良さ」とでも言おうか、特筆すべき長所・プロの神髄を見た思いがしたのだった。

とにかく、すごかった。ものすごビックリした。あんまりビックリしたので二回目以降はそんなにビックリしなかったのだが。

最近、ここ数年にして、ようやく思う。球界全体として水準が上がっているのは間違い無いだろうが、あの時のコージのような「バット持ちの良さ」を持った打者が現在どれくらいいるだろう? ちょっと心もとない気がする。しかも、あれはテレビCM用のものだった。試合で本気で振ったものでは無い。高度な駆け引きの中で放った「会心の一撃」でも無い。いわば、いつもの練習どおりていねいに、といったところだろう。現在のプロ選手でも、全体的にはもっと早めに腕が出、バットが出てくるように思う。私の気のせいでは無い・・・と思うのだが。

素直に思う。もう一度あのスイングを見てみたい、と。

でも、本当にすごかった・・・のだろうか? 私の脳内で、美化されているだけなのか?

たぶん、本当に「バット持ちが良かった」のだろうと思う。出来れば、確認の意味でも、もう一度あのスイングを見てみたいものだ。

« (他)小顔人気と細い首 | トップページ | (他)!・・・ちよっと、びっくり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 驚異の山本浩二:

« (他)小顔人気と細い首 | トップページ | (他)!・・・ちよっと、びっくり »