最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« (他)おやじギャグは寒いか? | トップページ | スイング論、違う角度から見ると(2) »

2006年8月17日 (木)

スイング論、違う角度から見ると(1)

今回は、ちよっとスイング論を考えてみたい。ただ、私は素人なのでなにぶん割引の程をお願いします。

スイング論というと、どんなものが思い浮かぶだろう。ダウンスイング、レベルスイング、アッパースイングといったところだろうか。レベルアップスイングというのもある。

昔々、ダウンスイングが日本に紹介された時は、ほんとに大根切りのようだったらしい。後日、球を叩く時は水平に、とレベルスイングに修正されるのだが、構えた位置から一直線に振り下ろすのが相変わらず基本らしい。まあ、確かにアッパーでは振り遅れそうな感じがしないでもないが。

これらのスイング論をざっとまとめると、「横から見て、バットのみの動きを論じている」とは言えないだろうか?

もちろん、現実には、身体の各部の動き・使い方などさまざまな深いものがあるだろう。特にプロともなれば、企業秘密として、秘伝のようなものがあるだろう。ちょっと、知りたいもんだが。

で、それは置いといて(笑)、「横から見たバットの動きを論じている」とまとめてみたい。無茶は承知で。

さて、タイトルにあるように、それを違う角度から見てみたい。違う角度、つまり「上から」見るのだ。どうなるだろう?

バットは、普通に振れば、楕円軌道を描くだろう。特に先端を見れば。遠心力で打つのだから、真っ直ぐ押したりはしないだろう。そして、それを上から見るならば必ず「楕円」。違うかな? プロだろうが素人だろうが「楕円軌道」である事に変わりは無いだろう。水準は、月とスッポン以上のものがあるが。で、誰がどんなに振っても楕円軌道。もし楕円で無く、真円なら、右打者でも左打者でも、ものすごい引っ張りのファウル打ちになるのではなかろうか。少なくとも、センター中心に打ち返すのはなかなか難しかろう。

では通常上から見た場合は「楕円」、すなわち「後ろから前に」バットが動く。ダウン、レベル、アッパーとも。えーと、バットの先端を見れば、構えから一度後ろへ行くだろう。それも、楕円の渦巻きの一部なのだろうが。

上から見た場合、楕円軌道は、前に向かって1㎝でも1mmでも長く伸びる方が良いのではなかろうか? 短いほうがいい? 長いほうが良いと思うが、いかがでございましょうか。より強い力を与える事にならないだろうか、長い方が。後ろから前に向かって、少しでも前へ前へと。思いっ切り、前に向かって軌道を長くするためには、バットを1㎝でも1mmでも前に伸ばすべきではないだろうか。インパクトの後のフォロースルーで、少しでも前へ。

たぶん、一番前にバットが行った時、軌道が最も長くなると思われる。後ろの、振り出しのときの話は別として。では、最も前にバットが行った時は、どんな体勢なのだろう?

もちろん、両腕を真っ直ぐ前に伸ばし、バットは地面に水平に真っ直ぐ前向き、先端が身体の正面に前向きになっている状態だろう。プロの選手がホームランを打ったときは、だいたいそんなフォロースルーになっていると思うが、どうだろうか? 古いかもしれないが、王さんの全盛時代はそんな感じだったと思う。昔のビデオや写真で確かめていただければ、間違いないと解るだろう。今の選手達も、もちろん同様だ。まぁ、中にはどう見ても変な格好でホームラン打つ奴もいるが・・・いや、その話がしたいのでは無い。

さて、意外に話が長くなったので(歳を取るといけません)、続きは次回にしたい。

                            (この項つづく)

« (他)おやじギャグは寒いか? | トップページ | スイング論、違う角度から見ると(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイング論、違う角度から見ると(1):

« (他)おやじギャグは寒いか? | トップページ | スイング論、違う角度から見ると(2) »