最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« (他)松本清張、小考 | トップページ | (他)小顔人気と細い首 »

2006年8月20日 (日)

ストライクゾーン、小考

ストライクゾーンについて、考えてみたい。

投球の分析や打撃の分析で、まぁ例えば試合中にテレビ画面に「ストライクゾーン」が出る事がある。ほとんど投手の方向から見たもので、四角形になっている。細かく分析する時は、その四角を九つにわけ、投球の球種別に印を変えたりして表示している。野村スコープ以来、非常に細かい分析がなされているように思う。

さて、少し考えてみよう。

ストライクゾーンは、立体ではないだろうか?

Strike

図に示したように、斜めから見るとそれが良く分かるだろう。

打者は、上下左右だけでなく、前後の拡がりにも対応しているのだ。緩急の変化、タイミングのずれに常に対応しているとも言えるだろう。たいしたもんではないだろうか。

速球派なら打者は少し捕手の方へ下がるから、ゾーンを通った球に対応しなければいけない。が、球が速いので、ストライクからボールになる変化球に対応するのは、至難の技だろう。

技巧派で、球一個や半個の出し入れをする投手なら、ゾーンの外側ぐるりに、ほぼ球一個ずつストライクが広がると考えられる・・・わぁおっ! そんなん相手しとんかい。ホームプレートの五角形で言えば、前面と後ろの二面を除く部分、つまり上下左右のぐるり全てにほぼ一個ずつストライクが拡がる。好投手なら、その一角、立体で考えれば八箇所、をかすめる球を投げてくる。打者はそれを見極めて、打つ。

いやいや、人間業とは思えんのー。

プロの人というのは、案外、自分で思っているよりも相当難しい事をやっているのではないかと思う。その難しさを、素人に説明するのは、なかなかむつかしかろう。「野球選手」はアホやから、という口の悪い奴もいるだろうが、素人に説明するのが下手なのをアホだというなら、囲碁の棋士とかもアホやという事になってしまうだろう。違うかな?

ここはひとつ素直に、プロの水準の高さに感心したいものだ。

« (他)松本清張、小考 | トップページ | (他)小顔人気と細い首 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストライクゾーン、小考:

« (他)松本清張、小考 | トップページ | (他)小顔人気と細い首 »