最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ごあいさつ | トップページ | (他)おやじギャグは寒いか? »

2006年8月15日 (火)

無重力の打撃

第一回目の記事です。(あいさつ除く)

いきなり変な事を言うようですが、「無重力の状態での打撃」について考えてみましょう。まずは、バットとボールだけ。人間は、無し。

さて、この場合人間がいないので、当たったという事になります。バットの芯にボールが当たる事にしましょう。ボールの軌道は真っ直ぐ。一直線。バットの先端からグリップエンドまでの向きに対して直角。まあ、言わば普通の打撃で「直球を真っ芯で捉えた」状態ですね。

さて、そう仮定した場合、ボールが当たってから、バットはどんな風に動くでしょう? 方向などは、普通の打撃と比べて考えてみたいと思います。

実験して確かめて欲しいのですが、まぁそうも行きません。(笑)

で、私の考えでは、バットの先端はボールに押し込まれたように後ろへ動き、握りの方向(グリップエンド)は逆に前向きに動く、つまり「バット全体としてはくるりと回る」のではないかと思います。おそらく、バット全体が回らずに後ろへ行く事は無いと思います。なぜなら、撃芯の位置がバットの重心では無いからです。そのため、くるくる回りながら、先端方向か握りの方向か判りませんが、斜め後ろへ行くのではないかと思います。

で、仮に、私の考えが当たっているとしましょう。「バット全体としてはくるりと回る」のであれば、そこに人間を足して考えた場合、打撃として「バットでボールを打つ」ためには、くるりと回るのを防ぐべきではないでしょうか? どうすれば防げるでしょう?

くるりと回るのを防ぐためには、「握りの場所の前側に手がなければいけない」のではないでしょうか? そして、その前側の手を後ろ向きに動かす、もしくは後ろ向きに力を入れるべきでは?

あれれ・・・? 実際の打撃と正反対・・・?

実際の打撃は動きが速いので、そんな事を考える必要は無いのでしょうが、10分の1秒とか100分の1秒単位で考えれば、態勢として「バットの前側に手が必要」で、「その手でバットの回転を防いでいる」とは言えないでしょうか?

うーむ。もうちょっと、考えてみましょうか。

バットの前側の手で回転を防いでいる。回転しようとするバットの動きは、前側の手に伝わっている。動きの伝わった手でその回転を防ぎながら、かつその「くるりと回ろうとする動き」よりも、はるかに速くバットを動かしているのが、実際の打撃ではないでしょうか。

最近は知りませんが、昔は右打者の場合、左手で引き右手で押す、とプロの方が言うのを聞いた事があります。でも、今回の考え方がもし正しいなら、押してはいけないのではないでしょうか? たぶん、押すと言う方は、球の捉えかたが正確で、ミートの瞬間の体勢がきちんとしていて、バットと右手が90度になっており、打った感触が右打者の場合右手にしっかり伝わるので、「押す」という感覚になったのではないかと、私は考えております。こじつけかもしれませんが。

くるりと回るのがもし本当なら、握りの方を押したら球を弾かない事になりますから。

ずいぶん、おかしな理屈を言う奴だと思われるでしょうが、一度考えて見ませんか?

ほんと、できれば宇宙空間で実験してほしいですねー ・・・ ホントに。

NASA-っ、どないやぁーっ !? (笑)

大変失礼いたしました。次回からも、どうかよろしく。

« ごあいさつ | トップページ | (他)おやじギャグは寒いか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136921/2986256

この記事へのトラックバック一覧です: 無重力の打撃:

« ごあいさつ | トップページ | (他)おやじギャグは寒いか? »